人を見た目だけで判断してしまうものなのかも※やっぱり

今回ダイエットをして3ヶ月で10キロ痩せることに成功しました。ダイエットをする前は何を着ても洋服が似合わないし、また周囲の友人たちとどうしても自分の醜い体型を比較してしまうと自信喪失状態でした。友人は気を使ってくれて、太ってないよ〜なんて慰めの声をかけてくれていましたが、そんなのは本心じゃないことぐらいはわかっていました。自分が太っていることでとにかく常に疑心暗鬼にもなってしまっていたのだと思います。

もともと太りやすい体質というのもあり小さい時からぽっちゃり体型でした。それが20歳を超えてくるとホルモンの関係か、さらにぶくぶくと簡単に太るようになってしまったのです。そこで1年前に一念発起して、本格的にダイエットに力を入れようと思ったのです。その一番の理由は就活があることでした。面接で印象をよくするにはとにかく見た目が重要視されるので、ここで太ったままでは志望している会社には絶対に入れないと思いました。

ダイエット法は今までに色々試してきましたが、どれも中途半端に痩せて、すぐにリバウンドしてしまうものばかりでしたから今回は確実に痩せられる方法ということでジムで筋トレをしながらチャコッタで無理せずに痩せてリバウンドを防ぐというトレーナーつきのダイエットコースに挑戦しました。お金はかかってしまいましたが、結局3ヶ月でがっつり痩せることができたので、やって良かったです。

痩せたあとは、まず自信がすっかり戻って自分という人間が大好きになりました。好きなおしゃれをすることもできるようになりましたし、何を着てもすっきりと着こなすことができると周囲の友人たちの私を見る目も変わってきました。それが何よりも嬉しかったですね。以前ならちょっと哀れむような目でみられることが多かったのが、今ではすっかり認めてもらえたという感じがするほどです。

人間というのは、結局人を見た目だけで判断してしまうものなのかもしれません。これは仕方がないことなのかもしれないです。私自身、自分がダイエットに成功したものだから気持ちが大きくなって、肥満の女性を見ると、ちょっと見下したくなる気持ちになるのも正直あります。とにかく今はこの体重をしっかり維持してずっと自分を好きでいられるようにしていきたいと思っているところです。自信を一旦失ってしまうと、仕事もうまくいかなくなりますし恋愛だって臆病になってしまうわけです。全てにおいてうまくいかない人生は2度とゴメンなのです。